あなたの大切な想いを歌で代弁する 世界にたった一つのギフト

【9/23発売】ソングレター15周年記念CD・パンフレット好評発売中!

【シングルマザーのわたしはふたりの応援団長】宇宙で一番だいすき(ソングレター®)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

『宇宙で一番だいすき』



『宇宙で一番だいすき』歌詞


作詞/れいちゃん 作曲/安達充

12年前のあの日 6才だった娘の目は怯えてた
2才の息子はただ 泣きじゃくっていたのを覚えてる

いつも人任せで 自信のない私が
この子たちを守るって 覚悟を決めた日

10月の空を見あげ この子たちと胸を張って笑いながら
手をつないで歩く そんなささいな夢をもって 踏み出した

子どもがやりたいことは 心から応援する
それだけ決めて あとは信じただけ

振り返れば キラキラした 楽しい思い出ばかり
ふたりとも 可愛い宝物

そして今 わたし自身 やりたい道に進んで
好きな事ばかりできてる

家事育児 イマイチな わたしを受け入れてくれて
いつも応援してくれる

何もなく 弱かった わたしが強くなれたのは
みんなふたりのおかげ


いつもは照れくさくて 言えないけど
「この宇宙で一番ふたりが大好き」


これからは きみたちが 好きな道を歩く番
主役の人生を生きて

お母さんは いつまでも ふたりの応援団長
生まれてくれてありがとう

作詞者の「手紙に込めた想い」


わたしは、12年前に6才と2才の子どもたちのシングルマザーとなりました。

子どもたちと一緒に笑顔で暮らしたいと踏み切った決断でした。

離婚したあとは、子どもたちに背中ばかり見せて生きてきてしまいました。
母親として、決していい見本ではないと思います。

でも、気づくと、ふたりは、かなりよい子たちに育ってくれているようです。

もう手をつないでくれる年齢ではないけれど、

気持は毎日、広くて澄み切った青空の下を、
胸を張って、楽しく笑いながら、手をつないで歩いています。


正直なところ、愛情表現が苦手な母親です。

だからこそ、ふたりのことが大好きなことを曲で伝えておきたいと思いました。

今子供たちは、18才と14才。

今この曲を聞いたら、
きっと、思春期の息子には「きもい」と言われると思います。

だから、いつか聴いてほしいなという気持ちを込めて、形の残るソングレターに応募させていただきました。

気持って伝えたいときに伝えた方がいいと思うのです。

どんなに親しくても、たとえ家族であっても、
わかってくれているって思っても、
わかってくれていない場合の方が多いと思います。

だから、口に出して、ちゃんと言葉にして、相手に届けたい。

わたしも、このことを多くの人に知ってもらいたいと思っています。

安達さんの試み素晴らしいです。
心から応援いたします!!

手紙が長くなってしまってごめんなさいm(__)m



 

【あなたの手紙が無料で曲になる】
ソングレター®15周年記念キャンペーンはこちら

「安達充/ソングレターアーティスト公式」のYoutubeのチャンネル登録はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Song Letter ® by 安達充 , 2019 All Rights Reserved.