あなたの大切な想いを歌で代弁する 世界にたった一つのギフト

【9/23(祝)】ソングレター15周年記念ライブ(in東京)チケット好評販売中!

【今は施設にいる「育ての母」へ伝えたい想い】気づかなかった母の愛情(ソングレター®)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

『気づかなかった母の愛情』

『気づかなかった母の愛情』歌詞

作詞/マサ 作曲/安達充

家の近くの公園で 自転車乗りの練習を
一所懸命に手伝ってくれた お母さん
乗れたときには「よかった!」と 離れたところで見守って
すごく喜んでくれていた そんな日があった

暖かい風が吹いていて 公園の杉の木が
音を立てて 揺れてたことを思い出したよ

あの時の あなたのぬくもり
どうして忘れていたのだろう?
気づくまで ずいぶん掛かったけど
やっと 気づいたよ あなたの愛情に


同じ公園の鉄棒で 逆上がりが出来る様にと
一生懸命に手伝ってくれた お母さん
炊事・洗濯・掃除だけで 大変なはずだったのに
仕事も続けていたから、疲れていたことでしょう

あなたは今施設にいて 僕のことも思い出さない
もっと早く この気持ちを 伝えるべきだった

好きな お酒もやめてくれた
僕のために止めたんだよね
愛情をいつも注いでくれた
やっと 気づいたよ

思い出すまで 好きじゃなかった
そんな僕でごめんなさい
僕を産んで亡くなった母の代わりに
育ててくれて 本当にありがとう

作詞者の「手紙に込めた想い」


私の産みの母は、私を産んだ日、出血多量で亡くなりました。
私が9歳のとき、父は再婚しました。
その母(継母)を好きになれませんでした。
アルコール依存症になっており、ヒステリーも起こすし、とても嫌いでした。
私は中学生の頃から対人恐怖症になり、精神神経科にも通院、そして入院もしましたが良くなりませんでした。
30歳の頃、内観法(内観療法)というものを知り、7泊8日で受けてみました。
内観法というのは、過去を思い出し、自分の内面と向き合う自己探求法です。
まず、母に対する自分を思い出すことから始まりました。
(1)母にしてもらったこと
(2)母にして返したこと(してあげたこと)
(3)母に迷惑を掛けたこと
以上3つに付いて、個室で真剣に思い出しました。
してもらったことが多く、してあげたことが皆無に近いと思いましたが、まだ母は嫌いでした。
何度かやった時、急に近所にある公園の風景を思い出しました。
小学生のとき、自転車に乗れる様に、サドルをつかんでいてくれた母。
そして母は、もう手を離しても大丈夫と思ったのでしょう。
私は自転車に乗れる様になりました。
気づくと、後ろに母がいない。
「乗れたじゃない!。よかった、よかった」と、母は離れた所で喜んでくれました。
また、その公園で鉄棒の逆上がりの練習も母に手伝ってもらったことを思い出しました。
不思議なことに、その時の 母の手のぬくもり、公園にあった杉の木が風で揺れて音を立てていた。その音も、そして暖かい風が吹いていたことまでも鮮明に思い出したのです。
私は、母に対する感謝の気持ちで一杯になり、大声で泣き始め、いつまで経っても涙が止まりませんでした。
洗面所に行って、顔を洗っても、どうしても泣きやみませんでした。
“もうすぐ面接者が来る。落ち着いて、思い出したことを淡々と話そう”と思いました。
やっと泣きやみました。
担当の面接者は年配の女性でした。
その顔を見たら、母を思い出し、再び泣いてしまい、話すのが大変でした。
面接者は、「やっと思い出したのですね。その調子で続けて下さい」と話してくれました。
母のヒステリーやアルコール依存症は、私にも原因があった様です。
私が病弱だったため、結婚したら予想以上に大変だったのでしょう。
買い物、炊事、洗濯、掃除だけでも大変な筈なのに、私のためにも色々な苦労をした。
また仕事も続けていたので、疲れも溜まっていたことでしょう。
そういうことを全く考えなかった自分(私)。

まとまりのない文章になりましたが、命がけで産んでくれた母に代わり、自分が産んだ子じゃないのに 私のことを真剣に考えて育ててくれた母のために曲を作って頂けましたら幸いです。

私のことになりますが、先日、心理カウンセラーの資格(国家資格ではありません)を取りました。

多くの方達にも、私の様な体験をして、幸せになって欲しいと思っております。

母のおかげでカウンセラーの資格も取ったことになります。

なお、母は現在 施設にいます。
私のことも思い出しません。
もっと早くに感謝の気持ちを伝えるべきだった。
ただ、施設での生活・行事は楽しんでいる様子。
これからも楽しんで欲しいと願っております。



【あなたの手紙が無料で曲になる】
ソングレター®15周年記念キャンペーンはこちら

【15周年記念「手紙を無料で曲にする」キャンペーン】で生まれた曲をCDにしたい!
クラウドファンディング(~7/30)はこちら

「安達充/ソングレターアーティスト公式」のYoutubeのチャンネル登録はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Song Letter ® , 2019 All Rights Reserved.