あなたの大切な想いを歌で代弁する 世界にたった一つのギフト

あなたの手紙が【無料】で曲になります~15周年記念特別キャンペーン中~

「う」の歌(お名前50音ソングレター®)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

「う」の歌




あらゆるものを「受け入れて」
新たなものを「生みだして」
与え続けて「奪わずに」
尽くせる君は「美しい」

「失う」ことを恐れずに
「うつむく」よりも前を見て
「後ろ」を振り向くこともなく
「うなずき」ながら進めばいい
 
(作詞・作曲/安達充  編曲/新島遥)

「う」は「5つの母音の真ん中の音」なので、ミディアムテンポのバランス感のある曲にしてみました。
 
エレクトリックピアノのやさしい音色に注目してもらえるとうれしいです♪



「う」の人へのメッセージ(名前のことだま®の解説)

 
【海、受、産、鵜】
・清濁併せ呑んで新しい生命を産み出す

 
名前の最初の音は、「花」のように華やかに相手に影響を与える、あなたの一番の使命を表します。

「う」の音を名前の最初に持つあなたは、【素直に受け入れる】【浄化】【受け入れて産み出す】という使命を持っています。

人の話を聞くときに「うんうん」とうなずくことで、相手の話が自分の中に入ってくるように、「う」のことだまには、素直に受け入れる力があります。

また、すべてを受け入れた上で、必要でないものを浄化し、新しいものを産み出すという力も持っています。

また、ことだまの裏の意味として、ゆとりがないと【考えすぎる】【受け入れて外に出さない】という働きがあります。

受け入れたものを外に出すことで新しいものが産まれるのですが、自分の中に閉じ込めたまま出さないと、才能や能力を活用することができなくなってしまうので注意しましょう。

また、このことだまは「女性」の働きを象徴しています。

精子を受け入れて、より素晴らしい生命を外に産み出す出産は、「う」のことだまの働きそのものといえるでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Song Letter ® , 2019 All Rights Reserved.