あなたの大切な想いを歌で代弁する 世界にたった一つのギフト

ソングレター15周年記念CD&パンフレット好評発売中!

「と」の歌(お名前50音ソングレター®)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

「と」の歌




「土地」の力を受け「取って」
「遠く」の人に「届けてる」
「隣」にいつも「友」がいて
場を「整える」「徳」がある
 
「留まる」時もあるけれど
それは「途中」なだけだから
最後の「トリ」を飾るのはあなた
描いた「通りに」すべてを叶えてく
 
(作詞・作曲/安達充  編曲/新島遥)

「と」は「十」を意味し、最後の「トリ」を飾る音。

なので、ラストにふさわしいような壮大なバラード曲にしてみました。



「と」の人へのメッセージ(名前のことだま®の解説)

 
【留、十、土】
 
・成就する、最後を締めくくる
・生まれた土地との強い関係


名前の最初の音は、「花」のように華やかに相手に影響を与える、あなたの一番の使命を表します。
 
「と」の音を名前の最初に持つあなたは、【最後を飾る】【最後に答えを出す】という使命を持っています。
 
「十」には最後という意味があり、紅白歌合戦で最後を締めくくる歌手のことを「とり」と呼びます。
 
最後に結論を出したり、物事の最終調整をすることがあなたの役割と言えるでしょう。
 
また、生まれた土地との関係が強く、土地からエネルギーを吸収し、人に与える力があります。
 
ただし、あなた自身に気持ちのゆとりがなくなってくると、【停滞する】という、ことだまの裏の意味が出てきてしまいます。
 
動き出すまでに時間がかかったり、いざ行動に移しても、途中の工程を端折ることができずなかなか前に進むことができません。
 
ひとつひとつ順々に進んでいく丁寧な気質のあなたですので、ゴールを見失わないことが大切です。
 
あなたには、最後に答えを出すという重要な役割があるということを忘れないでください。

この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Song Letter ® by 安達充 , 2019 All Rights Reserved.