あなたの大切な想いを歌で代弁する 世界にたった一つのギフト

【9/23(祝)】ソングレター15周年記念ライブ(in東京)チケット好評販売中!

「の」の歌(お名前50音ソングレター®)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

「の」の歌




皆を「のびのび」させながら
才能を「伸ばす」場をつくる
一人も「残らず」目をかけて
皆の成長「望んでる」
 
自由なだけの「野放し」じゃなく
いつもルールに「則って」
皆で仲良く「昇ってく」
それがあなたの「能力」だから
 
(作詞・作曲/安達充  編曲/新島遥)
 
「の」は「場をつくる」という広いイメージの音なので、解放感のある曲を目指しました。
 
スコーンと突き抜けていく感じが伝わっていたらうれしいです。



「の」の人へのメッセージ(名前のことだま®の解説)

 
【野、乃、之】
 
・人の能力を伸ばす
・つなげる


名前の最初の音は、「花」のように華やかに相手に影響を与える、あなたの一番の使命を表します。
 
「の」の音を名前の最初に持つあなたは、【人の能力を伸ばす】【つなげる】という使命を持っています。
 
「の」は「世界の日本」など、ものをつなげる助詞の働きを持つ音。
 
さまざまな動植物がそれぞれの営みを行う生命の場「野」を意味することだまでもあります。
 
あなたは個々をつなげて新しいものや力を生み出すという役割を持つ人。
 
「野」が植物を伸ばし、生物を育むように、相手の才能や能力を伸ばす力を持つ人でもあります。
 
ただし、あなた自身に気持ちのゆとりがなくなってくると、【成長しない】【無責任】といった、ことだまの裏の意味が出てきてしまいます。
 
豊かな野も、荒れ野になってしまうと、うまく動植物を成長させられません。
 
すべての土台となる豊かな「野」であることを意識してください。

この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Song Letter ® , 2019 All Rights Reserved.