あなたの大切な想いを歌で代弁する 世界にたった一つのギフト

ソングレター15周年記念CD&パンフレット好評発売中!

「ね」の歌(お名前50音ソングレター®)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

「ね」の歌




大地に大きな「根」を張って
「年月」重ねて花は咲く
ひとたび「熱中」したあとは
果報を「寝ながら」待てばいい
 
「寝ても覚めても」「練り上げる」
見えない努力を「ねぎらって」
皆の成長「願いつつ」
誰より幸せ「念じてる」

(作詞・作曲/安達充  編曲/新島遥)
 
「ね」は女性の名前につくことが多い音なので、優しい、柔らかい感じのバラードを目指しました。
 
短いながらも、ドラマチックな楽曲になっているんじゃないかな~と思います。



「ね」の人へのメッセージ(名前のことだま®の解説)

 
【根、寝、音】
 
・時間をかけて根付く
・エネルギーの補給


名前の最初の音は、「花」のように華やかに相手に影響を与える、あなたの一番の使命を表します。
 
「ね」の音を名前の最初に持つあなたは【人を成長させる】【根付かせる】という使命を持っています。
 
「ね」は、地下にじっくりと根を下ろしていくことを意味することだま。
 
根っこが養分を幹へと吸い上げるように、あなたが吸収したものを惜しみなく人に分け与えることで、それらを皆に根付かせることができるでしょう。
 
見えないところで人を支える「縁の下の力持ち」的な存在でもあります。
 
ただし、あなた自身に気持ちのゆとりがなくなってくると、ことだまの裏の意味が働き、【知識を無駄にしてしまう】状態になります。
 
得た知識や情報を出し惜しみをしないことが、あなたの才能を発揮するために必要です。
 
吸収した栄養を幹に運ばないと根腐れするように、有効に使えないまま無駄になってしまうことも。
 
人を支えよう、助けようという気持ちがなくなるので、人を成長させることができなくなってしまいます。
 
そんなときはゆっくり休んでリフレッシュを心がけましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。 代表曲『僕が生まれた時のこと』は書籍化され、Youtubeで400万回再生されている。NHK「ニュースウォッチ9」などメディア掲載多数。 活動10周年を機に「アーティストフォーラム」を立ち上げると共に、「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で音楽を伝えている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Song Letter ® by 安達充 , 2019 All Rights Reserved.