ソングレター15周年記念キャンペーン


今すぐ手紙の入力フォームへ進みたい方はこちらから  

あなたには、伝えたいことがありますか?

あなたには、誰かに届けたい想いがありますか?

人生を終える時に、この世に残したいメッセージはありますか?


もしこの問いへの答えがYesなら、是非聴いてほしいことがあります。

それは、「あなたの想いは素晴らしい」ということ。

そして、「その想い、しまい込まずに外に出してみてください」ということ。


何を見て、何を感じ、何を表現するか。

それが「生きる」ということだと思っています。

あなたが心の底から伝えたいことであるならば、必ず誰かの心を動かします。


だけど、

「想いを形にするのは、恥ずかしい」

「人からどう思われるかわからないから、怖い」

「そもそも、どうやって形にして良いかわからない」

そうやって、心の奥底にそっとしまい込んではいないでしょうか?



2009年に『引き出しの中のラブレター』という映画が公開されました。

常盤貴子さん演じるラジオパーソナリティが、心の奥底にしまってしまった想いを募集して、

リスナーの代わりに伝えるという映画です。



僕は、この映画のキャンペーンソングとして、

「Twitterで募集した140文字を、曲にする」

という仕事をさせてもらったことがあります。





いかがでしょうか?

140文字の文章を読んだだけでも共感する人はいると思いますが、 
 
そこに音楽の力が加わることで、より深く伝わるのではないかと思います。



僕の中にはこんな公式があります。
想い × 音楽 = 感動

想いだけでも、もちろん人の心を動かします。

でも、それを音楽の力を使って伝えるともっと感動的に伝わる。
  
そしてそれこそが、「音楽の本来の役割」なんじゃないかと思うのです。


それを是非多くの人に「体験」してほしい!という想いから、今回この

『あなたの手紙が無料で曲になる』キャンペーンを企画しました。


今すぐ手紙の入力フォームへ進みたい方はこちらから

ソングレター®をはじめたきっかけ

ここで、僕の話をさせてください。

僕は2004年から

たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」

という活動をしています。

きっかけは、インターネット上で、リストカットをする”ゆなちゃん”という中学校3年生の女の子と出会ったことでした。



大学を卒業し、サラリーマンとして就職するも、急性胃腸炎で2回倒れるほどの多忙な日々。

その後友人と一緒にIT系のベンチャー企業を立ち上げるも、半年で暗礁に乗り上げ、抱えた借金を返すために町工場で働くこと2年。

そんな中、ネットで音楽配信を始めた頃に彼女のブログを知り、自分にも何かできないかと思って初めて一人のために曲を贈ったのでした。

「曲ありがとうございます。すごく嬉しかった。泣いちゃったけど…。安達さんの曲、大好きです」

短い返信メールと、翌日から明るく変わったブログを見て、

「無名の人間の拙い音楽でも、一人のために曲を贈れば、その人の心を動かせる」

ということに気づき、そこからこの活動を始めました。


その後、福岡県のある小学校の性教育の授業で「命の大切さを伝える歌を作ってほしい」という依頼を受け、『僕が生まれた時のこと』という曲を作曲。

この曲はその後Youtubeで大反響を呼び(2019年1月現在、400万回以上再生されています)CDブックとして出版されたりもしました。

たった一人のため(たった一度のため)に作ったものが結果として大勢の人の心に届くと教えてくれた体験でした。



そこからこの活動が仕事となり、色々な依頼をいただくようになりました。

結婚式のサプライズに使われたり、寄せ書きやプロポーズに利用してもらったり、

本1冊を曲にしたり、その人が歌う人生のテーマソングを作らせていただいたり。



企業にも楽曲提供する機会を多く与えていただき、

野村証券さま、リクルートさま、JR東日本さま、東京メトロさま、西武・そごうさまをはじめ

100社近くの企業ともお付き合いをさせていただきました。


15周年だからこそ、原点に還る

ただ、仕事として“作曲料”をいただいて曲を作りながら自分の中である種の葛藤が生まれていることに気がつきました。

目の前の人の想いに共感して、「この人の想いを曲にしたい!」と思ってやってきたはずが、いつしか自分が生活するために作曲をしているのではないかと。

そうして数年前から、このソングレター®の活動は「一見さんお断りの紹介制サービス」という形で限定的に提供するようになっていきました。



同時に、「音楽を教える」楽しさにも目覚め、カラオケでボイトレをする「ちょいガチ®カラオケ部」を始めたり、「安達充音楽教室」ではじめての作詞作曲をサポートしたり、

活動10周年を機に、音楽歴・ジャンルの異なる7人で虹色のステージを創り上げる「アーティストフォーラム」を立ち上げたりと、新しいチャレンジを続けていきました。

仲間も増え、チームもでき、とても充実していたのですが、大きな達成感の裏に(達成感ゆえに)一個人として何かが足りないような気持ちを感じていました。

それに気づかせてくれたのが、ある女性でした。

ガンで入院中に「曲を作りたいんです!」と連絡をくださったその方は、曲を作らせていただいてから2か月後に、旅立たれました。

生前に一度だけその曲を披露した動画が残っているのですが、何度も何度も再生しては(悲しみではなく、感動で)涙がとまりませんでした。


「今、入院中です。この出来事で、私なりに命と向き合い、今オリジナル曲を作りたい!という想いが沸き上がりました。

イベント出演が決まっていて、入院になってしまったので、キャンセルも考えたのです。

でも、今の私だから伝えられることがある。なんだかみなぎってきて。

対面は難しいと思うし、時間もないのもわかるし、もしかしたら体調次第では出演キャンセルになるかもしれないのですが、、それでもやってみたいのです」

そんな想いを聴かせてもらったことから始まった作曲。

作曲家として、彼女のかけがえない想いを曲に残すことが出来て
本当に良かったと思っています。

一方で、「もし、お金が理由で曲を作ることができなかったとしたら…」
と思うと、胸が苦しくなりました。


「目の前の人に、ただ曲を贈る」 

一人との出会いに“無料”で曲をつけることから始まった自分の【原点】に、もう一度立ち返ろう。

はじめてソングレター®を贈ってから15周年という節目の年に、そんな気持ちになりました。



あなたの想いを聴かせてください


あなたには、伝えたいことがありませんか?

あなたには、誰かに届けたい想いがありませんか?

人生を終える時に、この世に残したいメッセージはありませんか?


よかったらそれを、僕に聴かせてくれませんか?

寄せてもらったお手紙の中から、自分がその時一番「曲にしたい」と思うお手紙に
曲をつけて、Youtubeで弾き語り動画として公開します。

作曲に際して、お代はいりません。
(作曲後にレコーディングしてCDを希望されたりする際は、その費用として料金を頂戴します)


基本的には、手紙(もしくは歌詞)をご自身で書いて送っていただければと思います。

ただ「どうしても言葉にまとめられないけれど、想いはあります」という場合は、
その想いをそのまま送ってください。

また、「この人に曲を贈ってあげてくれませんか?」というご依頼も、
自分がお役に立てると思った時にはさせてもらいます。


「手紙」という世界観からシリアスな内容にバラードで曲をつけることが多いですが、

時にはクスッと笑ってしまうようなお手紙に曲をつけたいこともありますし、
前向きな気持ちになれるような元気のよいアップテンポの曲も作ります。

僕自身が、その時に波長が合うタイミングで、最も波長の合うお手紙に曲をつけさせて
もらうことが一番だと思っています。


以下にフォームを用意しました。

どなたでも、自由に想いを書いてください。

あなたとの共演のご縁を、心から願っています。

2019年2月5日 ソングレターアーティスト 安達 充




【あなたの手紙が無料で曲になる】ソングレター15周年記念特別キャンペーン応募規約
    規約を読むときはこちらをクリックしてください
    安達充(以下「当方」)が実施する「ソングレター15周年特別記念キャンペーン」(以下「本キャンペーン」)への応募については、以下をよくお読みいただき、同意の上応募してください。

    ●応募方法

    ・こちらのページ内のフォームに必要事項を記入して送信してください。
    ・応募は何度でも可能ですが、お一人様、採用は原則1回とさせていただきます。

    ●応募資格

    ・本規約に同意し必要事項をご入力頂ける方であれば、どなたでもご応募いただけます。

    ●キャンペーン期間

    ・2019年12月31日(火)23:59まで応募が可能です。

    ●採用発表について

    ・Youtubeでの楽曲公開後、採用者のみにメールにてご連絡いたします。
    ・個人情報は、本キャンペーンの運営、ご案内以外に使用いたしません。応募者の個人情報を応募者の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません。(法令などにより開示を求められた場合を除く)
    ・ご応募に際して不正な行為があった場合は、採用取り消しとさせていただき楽曲の公開を取りやめる場合がございます。
    ・採用に関してのお問い合わせは一切お受けできませんので、予めご了承ください。

    ●注意事項

    ・本キャンペーンでは、プライベートな内容を含んだ歌詞が多くの方に届く可能性がございます。個人情報の特定につながる内容が含まれていないか等、投稿前に応募者ご自身で必ずご確認ください。投稿に関しては、応募者様が責任をもって行うようお願いいたします。
    ・応募者は、投稿について自らが投稿することについての適法な権利を有していること及び投稿内容が第三者の著作権・プライバシー権・パブリシティ権その他一切の権利を侵害していないことを当方に対し、表明し、保証するものとなります。
    ・採用されたか否かに関わらず投稿頂いた内容の全てまたは一部を、当方が加工・改変の上、Youtubeで公開すること及び当サイトや公式SNSアカウント等で引用するほか、各種宣伝媒体にて許可なく使用する場合があります。

    ●作品の権利

    ・本キャンペーンで制作された曲の著作権はすべて安達充に帰属します。
    ・応募者は著作者人格権を行使しないものとします。ただし、クレジット表記は「作詞/応募者、作曲/安達充」とします。
    ・安達充は応募者に事前の許可・承諾を得ずに自由に楽曲を演奏、録音、配信することができるものとします。

    ●禁止事項

    本キャンペーン応募の際し、以下の行為を禁止します。
    当方は、応募者が応募者が下記に該当する行為を行ったと判断した場合は、該当作品の非公開・掲載後削除等の対応をとる場合があります。

    ・応募規約に違反する行為
    ・本キャンペーンの運営を妨げる行為
    ・虚偽の情報の提供
    ・他人に迷惑、不利益、損害または不快感を与える行為
    ・他人を誹謗中傷し、またはその名誉若しくは信用を毀損する行為
    ・他人の著作権その他の知的財産権を侵害する行為
    ・他人の財産、プライバシー若しくは肖像権を侵害する行為
    ・わいせつ、児童ポルノ及び児童の性的搾取を助長するデータを投稿する行為
    ・営利を目的とした情報提供、広告宣伝もしくは勧誘行為
    ・法令に違反する行為
    ・公序良俗に反する行為
    ・当方が本キャンペーンの趣旨に沿わないと判断する行為
    ・当方が悪質または不適切であると判断する行為
    その他、前各号に類する行為
    法令または本規約に反する行為等、当方が不適切と判断した行為があった場合、公開の停止等、当方が適切と判断した処置を取ります。

    ●免責・その他

    ・当方は他のご利用者による本規約への違反行為に関して一切責任を負いません。また、ご利用者間またはご利用者と第三者間のトラブル、紛争については当方は一切関与しません。ご利用者の責任と費用において解決するものとします。
    ・万一、本キャンペーンに起因して応募者に損害が生じた場合であっても、当方の故意または重大な過失がない限り、一切責任を負わないものとします。
    ・本キャンペーンに起因しないクレームや請求への対応に関して当方に費用が発生した場合または賠償金を支払った場合は、当該費用及び賠償金、当方が支払った弁護士費用などを当該利用者負担とし、当方は、当該利用者にこれらの合計金額の支払いを請求できるものとします。
    ・当方は本サイトの完全性、正確性、確実性、有用性、合目的性について、いかなる保証も行いません。
    ・当方はご利用者が本サイトを利用したこと、または利用できなかったことによって発生した損害、損失、不利益等に対し、一切責任を負いません。
    ・当方は自らの判断により、いつでも本サイトまたは本キャンペーンの全部または一部の提供の中断・停止を行い、本サイトまたは本キャンペーンの全部または一部の内容を変更し、本サイトまたは本キャンペーンを永続的に廃止することができるものとします。
    ・当方はサーバーシステムの保守・障害・火災・停電・地震などの被害・天災等により、事前にお知らせすることなく本サービス・情報提供を一時中断・変更・運営の中止をする場合がございますので予めご了承ください。
    ・当方は本規約を改定・変更することがあります。
    ・本規約を変更した場合、応募者又はご利用者が本規約の変更前に投稿・入力された本件素材につきましても、変更後の規約が適用されます。

    ●本キャンペーンへのお問い合わせ

    本キャンペーンへのお問い合わせは、otoiawase@song-letter.jpへメッセージをお送りください。

【あなたの手紙が無料で曲になる】ソングレター15周年記念特別キャンペーン応募フォーム

お名前【必須】
ニックネーム
※お名前の公開がNGの方は、こちらのニックネームを必ずご記入ください。
メールアドレス【必須】
タイトル案
※タイトルに記載がない場合は、こちらでタイトルをつけさせていただきます。
手紙
※300字~500字が目安となりますが、ご自由にお書きください。現在の文字数→【0文字】
曲への想い
※「手紙が書けないけど曲を作ってほしい」場合は、特に重点的にお書きください。
【必須】 私は今回のキャンペーンの内容・規約を理解した上で、メッセージを送信します。

ソングレター®チャンネルのYoutubeサンプル

◆今回のキャンペーンで作曲した曲は、以下のような弾き語り動画の形で公開していきます。

君の痛みの理由(わけ)
2004年2月に作った1曲目のソングレターです。リストカットをする中学3年生の“ゆなちゃん”に向けて作りました。
おとうちゃんでよかった
お父様の誕生日プレゼントに贈られたソングレターです。海外旅行に匹敵するギフトとして作曲依頼いただきました。
笑う女子には福来る~元国税女子の婚活奮闘歌~
自分の人生を800文字にまとめたマイソウルを元に作ったソングレターです。

「安達充/ソングレターアーティスト公式」のYoutubeのチャンネル登録はこちらから

安達充について

ソングレターアーティスト 安達充(あだち みつる)
1979年生まれ。一人のリストカットの少女との出会いをきっかけに、たった一人のためにオリジナル曲を贈る「ソングレター®」活動を開始。結婚式や記念日の贈り物としてなど、様々な目的での依頼が後を絶たない。 代表曲『僕が生まれた時のこと』はYoutubeで400万回以上視聴されており、プレジデント社より書籍化。NHK「ニュースウォッチ9」フジテレビ「百識王」「おじゃMAP!!」などテレビでの紹介も多数。活動10周年を機に、音楽歴・ジャンルの異なる7人で創るライブ「アーティストフォーラム」を始めると同時に、カラオケボックスでボイトレをする「ちょいガチ®カラオケ部」などユニークな方法論で楽しく音楽を伝えている。
【HP】ソングレターアーティスト 安達 充 オフィシャルサイト
http://www.adachi-mitsuru.jp/

よくある質問


Q、応募期間はいつまでですか?
A、2019年2月5日(火)~2019年12月31日(火)まで受け付けます。年末に受け付けた分は、2020年1月にYoutubeにて公開予定です。
Q、採用されない場合に連絡はありますか?
A、曲ができた場合のみこちらからご連絡することになっております。1か月経っても連絡がない場合は内容を変えて再度ご応募ください。
Q、一人で何度でも応募できますか?
A、何度でも応募は可能です。ただし今回のキャンペーンで1曲生まれた場合は、それ以降の応募はできません。
Q、過去に作曲依頼をしたことがあるのですが、それでも応募できますか?
A、はい。応募は可能です。ただし今回のキャンペーンで1曲生まれた場合は、それ以降の応募はできません。
Q、曲は作ってほしいけれど、Youtubeでの公開はされたくないのですが…
A、申し訳ございませんが、今回のキャンペーンはYoutubeでの公開が必須となっております。通常の作曲依頼(有料)であれば非公開も可能ですのでそちらをご利用ください。
Q、確実に曲を作ってもらいたい場合はどうすればよいですか?
A、今回のキャンページは確実に作曲をお約束するものではありません。確実に作曲してほしい場合や、「この日までに曲にしてほしい」という場合は、通常の作曲依頼(有料)をご利用ください。
Q、楽曲はどちらで公開されるのですか?
「安達充/ソングレターアーティスト公式」のYoutubeチャンネルにて公開予定です。
Q、作っていただいた曲をCDにしてほしいのですが…
A、有料のオプションメニューをご利用ください。CD化の他にも、ドラムやベースなどをつけた豪華版にすることや、ムービーをつけたり、全国のJOYSOUNDへのカラオケ登録代行など承れます。
Q、作っていただいた曲を修正してもらうことはできますか?
A、一度公開したYoutubeを修正することはございません。どうしても修正を希望される場合には、有料のオプションメニュー(CD化)をご利用ください。レコーディングの際に修正いたします。
Q、作っていただいた曲を自分で歌うことはできますか?
A、はい、可能です。ただキャンペーン内容はYoutubeの公開までですので、カラオケ音源や楽譜が必要な場合は有料のオプションメニューをご利用いただくことが必要です。

通常の作曲依頼(有料)について


◆以下は、全国24店舗の西武・そごうさんの母の日キャンペーンで、お客様から募集したお手紙に曲をつけたときの楽曲です。
(このようなクオリティをご希望の場合は、作曲後に有料オプションとして承ることも可能です)

“ごめんね”と“ありがとう”
スタンダードなバラード調で手紙を曲にしました。
一緒にいられる時間を
明るいアップテンポなナンバーとして作曲しました。
当たり前だったあの光景
ピアノではなくエレクトリックピアノで作りました。

通常の作曲依頼(有料)についてはこちらから

Copyright© Song Letter ® , 2019 All Rights Reserved.