仙台市の小学校で音楽の特別授業をしてきました

3月7日(月)に、ご縁あって仙台市立鹿野小学校というところで特別講師として
音楽の授業を担当する機会がありました。

小学校4年生、2クラス合同で50名以上の生徒が参加し、保護者の方々も何人か
お見えになっていました。

きっかけは、こちらの学校の先生が、Youtubeで僕の曲『世界で一番素敵な言葉』を
知って非常に感動してくださり、2月に行われた「2分の1成人式」で流して下さった
ことでした。

▼世界で一番素敵な言葉(安達充)
https://youtu.be/DutcvuvTr6M


たまたまそのことを知った時、今回このタイミングで仙台出張が入っていたことにも
きっと意味があると感じました。

ちょうど震災から5年ということもあり、被災地である宮城の子どもたちに何か
出来ることがあれば…。

そんな気持ちで申し出たところ、その先生も喜んで下さり、校長先生もとても
理解のある方で、今回の授業が実現しました。


授業では、まず「音楽の三要素」である「メロディ・リズム・和音」をもっと身近に
感じてもらうために、「抑揚・間・BGM」という要素に置き換えてワークショップを。

「音楽的な表現に近づくほど、想いが伝わりやすくなる」というのは、
「ソングレター」の活動を通して僕が確信してきたこと。

そんな音楽的表現のチカラを借りて、「2人組になって、お友達の良いところを
褒める」ということにチャレンジしてもらったところ、恥ずかしそうにしながらも
ニコニコと喜んでいる子どもたちの笑顔が印象的でした(^^)


最終的には、その三要素をすべて含んだものが「歌」であり、中でも最高の音楽は
「自分の名前の響き」なんだよ、と伝えました。

そして、ちょうど2分の1成人式の時に「親に名前の由来を聴いてくる」という宿題が
あったようなので、その時の文章を元に一人の生徒に即興作曲をプレゼント。

初めて体験する即興作曲に、子どもたちはビックリしたようで、大きな拍手と歓声が
上がり、とても盛り上がりました♪


最後に『世界で一番素敵な言葉』を生演奏した後、授業の感想を前に出て伝えて
くれた女の子がいました。

とても感受性の豊かな子で、話しながら涙が出て言葉に詰まってしまい、それでも
懸命に最後まで自分の言葉で想いを伝えてくれました。

その姿を見ていて、目頭がジワーッと熱くなりました。


自分の小学校6年間を振り返っても、授業中に感動して言葉に詰まるほど泣いたことが
あっただろうか…と。

その場に立ち会ってくれた教育コーディネーターの女性が

「小学生のうちに、たとえ1回であっても心の底から響く授業に会えた子は、
幸せだと思います。きっとあの子にとっては、今日の授業が一生忘れられない、
そんな体験になったんじゃないかと思います。」

と言ってくれました。

きっかけは今日の授業だったかも知れませんが、この学校の先生たちの日々の熱意が、
そんな感受性の豊かな子どもたちを育てているということの素晴らしさを強く感じました。


子どもたちからの感想を一部紹介したいと思います。

=====================================


◆今日の授業で一番心に残ったことは、音楽がそんなにすきじゃなかったけど歌の
「世界で一番素敵な言葉」を聴いて、歌がすごくよかったから、音楽(歌)が好きに
なった気がしました。

そして、音楽は、三つのことでできることが分かりました。
一つ目がメロディ、二つ目はリズム、三つめは和音。それを変えると伝わり方が
すごく変わって、僕は心の中で「こんなにかわるの。」と思いました。

僕は、「世界で一番素敵な言葉」で一番いいところは、最後の「世界一の宝物」と
いうところです。・・・・・


◆私は授業の中では音楽が大好きです。安達さんの歌が一番心に残っています。
この歌で、前まで飼っていたペットを思い出しました。感動しました。
男の方なのに、声も大きくきれいな声で…私のあこがれです。
安達さんのように私も努力します。

おはようございます。などといった言葉を「○○さん。おはようございます。」と
間をあけることで、相手の感情がよく伝わりました。
そして、桃ちゃんの歌をすぐに考えてできるのがすごいと思いました。
私のもやってもらっていたら、号泣してたかもです。

今回は仙台にきてくださりありがとうございます。また、来てください。


◆今日の授業で一番心に残ったことは、先生が歌った歌です。
理由は、この歌の「世界で一番愛しい言葉」というのが入っていて、いいなと
思ったからです。・・・


◆僕は、世界で一番素敵な言葉を聞いて、一番好きなところは
あなたが生まれてくるまえに数えきれない候補の中からただ一つ選ばれた
その言葉、それがあなたの名前です。」というところです。


◆世界で一番素敵な言葉はとてもいい曲で、その中でも3番の歌詞は涙の
出るような心にひびく歌でした。


◆自分の名前はこんなに素敵なものなんだ。自分の名前はこんなに大切な
ものなんだ。と思いました。とても楽しく、優しく教えてくれたので、音楽が
いつもよりもっと楽しく感じました。


===================================


もともと大学は文学部教育学科を卒業しており、「教育」ということに少しでも
貢献できればという想いがあります。

そして学校教育は何といっても先生方の日々の努力あってのものですが、
今回のことで、自分のような外部の講師だからこそ出来る可能性も感じました。

もし、必要としてくださる学校さんがあれば、今後1ヶ月に1校程度のスケジュールで
学校での講演やライブなどを無償で行っていきたいと思っています


ご希望の際は、安達充まで直接ご連絡ください。

⇒ adachi@song-letter.jp

(地方の場合、交通費の件だけご相談させていただく場合がございます)

ページの先頭へもどる